【間違いなし】カワサキNinja250のおすすめマフラー5選

バイク

カワサキNinja250は、250ccクラスのバイクで非常に人気の高いモデル。

スポーツ走行を楽しめて、維持もしやすいのが人気の理由です。

また、扱いやすいバイクなので、初心者・ベテラン・男女に関係なく幅広い人に合うバイクといえるでしょう。

ノーマルでも楽しめるバイクですが、やはりカスタムしたいと思います。

そして、バイクのカスタムといえばマフラー交換を考える人が多いのではないのでしょうか。

ですが、マフラーを選ぶときこんな疑問はありませんか?

  • マフラーの違いがよくわからない
  • マフラー選びに失敗したくない
  • どのマフラーが良いのかわからない

本記事ではNinja250のマフラー選びで失敗しないために、おすすめマフラーを5つ選びました。

また、どんな基準でマフラーを選べば良いのかも解説しています。

マフラーを変えるだけでも、今までとは違ったバイクライフを遅れますよ。

ぜひ最後まで読んでみてください。

マフラーを選びのポイント5つ

マフラーを選ぶ際に重要なポイントは次の5つです。

  • 見た目
  • 排気音
  • 性能
  • 価格
  • 車検対応

それぞれ詳しく解説します。

マフラー選びのポイント①:見た目

マフラー選びのポイント1つめは、見た目です。

どんなに音や性能が良くても、見た目が良いと思えないマフラーは満足できないですよね。

また、カスタムの方向性に合わせて見た目を選ぶのもアリです。

とりあえず目につくパーツを付けていったら、最終的にちぐはぐなカスタムになってしまいます。

まずはマフラーの見た目で選びましょう。

マフラー選びのポイント②:排気音

マフラー選びのポイント2つめは、排気音です。

こちらも、自分好みのものを選べばOK。

例えば低音や、高回転時の甲高い音などです。

今は排気音を動画で手軽に聴けるので、必ずチェックしておきましょう。

また、JMCの認定プレートがあるマフラーなら、ほぼ間違いなく車検に対応しています。

好きな排気音で、JMCの認定プレートがあるマフラーを選びましょう。

マフラー選びのポイント③:性能

マフラー選びのポイント3つめは、性能です。

基本的に人気メーカーのマフラーは、軽量化や排ガス排出の効率化など調整を重ねられたものがほとんどなので、性能の変化を楽しめます。

たとえば、発進時や低速走行などのトルク感が上がったり、アクセルの吹け上がりが良くなったりしますね。

それぞれのマフラーで性能が違うので、しっかりチェックしておきましょう。

マフラー選びのポイント④:価格

マフラー選びのポイント4つめは、価格です。

どんなに気に入ったマフラーでも、やはり値段が気になるのではないでしょうか?

限りある予算の中では、最重要ポイントといえるかもしれません。

本記事で紹介しているマフラーの中では、4万円台がコスパが良くおすすめです。

ちなみに人気ブランドのコピー品が格安で売られていますが、騒音がひどかったり、作りが雑だったりするのでおすすめできません。

マフラー選びのポイント⑤:車検対応

マフラー選びのポイント5つめは、車検対応のマフラーを選ぶことです。

レース専用品は車検対応マフラーよりリーズナブルですが、公道では使用できません。

排気音・排ガスの規制に対応していないマフラーでも、サーキットなどの使用を前提として販売されています。

サービスエリアや人気のツーリングスポットではひんぱんに検問を実施しているため、捕まると違反点数と反則金を取られます。

また、騒音マフラーは暴走族を連想させるので、時代遅れ感が否めません。

車検対応のマフラーを購入するようにしましょう。

Ninja250のおすすめマフラー5選

Ninjaの画像

カワサキninja250のおすすめマフラーを紹介します。

具体的には次の5つです。

  • “INTER MODEL” SCスリップオン OFF-TypeB JMCA|ストライカー
  • スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) 政府認証|トリックスター
  • スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証|ヨシムラ
  • ラウンドタイプ スリップオンマフラー|WR’S:ダブルアールズ
  • R-EVO スリップオンマフラー|BEAMS(ビームス)

それぞれ詳しく解説します。

“INTER MODEL” SCスリップオン OFF-TypeB JMCA|ストライカー

「STRIKER “INTER MODEL” SC SLIP-ON OFF-Type B サイレンサー JMCA」
出典:ストライカーオフィシャルホームページ

ストライカーが発売している“INTER MODEL” SCスリップオン OFF-TypeB JMCAは、外観・性能の両面でおすすめできるマフラーです。

形状はヘキサゴンタイプでカラーは2種類。

素材感があるチタンソリッド、焼色が綺麗なチタンヒートカラーがあります。

注目すべぎは軽量化に成功したことで、1.5kgは純正マフラーの半分以下の重さです。

また、1.2馬力アップに成功しています。

たったの1.2馬力?と思われるかも知れませんが、250ccのバイクで1.2kg馬力アップは体感できるほどの違いです。

「ドドドド」という感じの低音が効いた排気音が渋めです。

取り付けも簡単で、30分ほどで終わります。

ただし取付説明書は簡易的なものなので、少しわかりにくいかもしれません。

YouTubeに取り付け動画がアップされているので、参考にして取り付けましょう。

“INTER MODEL” SCスリップオン OFF-TypeB JMCA|ストライカー
重量 1.5kg
排気音 近接騒音 91db / 加速騒音 77db
カラーバリエーション チタンソリッド
チタンヒートカラー
価格 ¥89,000 (税込¥97,900)
公式サイト https://www.striker.co.jp/ecshop/products/detail/564

スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) 政府認証|トリックスター

「スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) 政府認証」
出典:トリックスターオフィシャルホームページ

スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) は、低音が強くサウンドに迫力があります。

低速トルクが弱くなるマフラーもありますが、イカヅチは問題ありません。

エキパイとのつなぎ目が少し気になるかもしれませんが、マフラー自体の精度は非常に高く、取り付けやすい作りになっています。

またカラーバリエーションは4色展開で、焼色が綺麗なステンレスや、クールなブラックエディションなど、バイクのカスタムに合わせてチョイスできます。

スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) 政府認証|トリックスター
重量 2.5kg
排気音 近接騒音 94db / 加速騒音 75db

カラーバリエーション
価格

IKAZUCHI焼きチタン
¥105,000 (税込¥115,500)

IKAZUCHIブラックエディション(チタン)
¥108,000 (税込¥118,800)

IKAZUCHI焼ステンレスカーボン
¥78,000 (税込¥85,800)

IKAZUCHIステンレスカーボン
¥74,000 (税込¥81,400)

公式サイト https://www.trickstar.jp/webshopping/products/detail/1344

スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証|ヨシムラ

「スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC」
出典:ヨシムラオフィシャルホームページ

スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証は、レースバイクへのパーツ提供で有名なヨシムラが開発したマフラーです。

アイドリング時の低音、高回転時にはレースバイクのような甲高く気持ちの良いサウンド。

高回転域までスムーズに回る気持ちよさはヨシムラならでは。

唯一の弱点は、マフラーの軽量化による振動の増加ですが、それを補って余りある満足感を味わえるでしょう。

取り付けは1時間程度で簡単に完了します。

スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証|ヨシムラ
排気音 近接騒音 92db / 加速騒音 76db

カラーバリエーション
重量
価格

サテンフィニッシュ
2.2kg
¥58,000 (税込¥63,800円)

メタルマジック
2.2kg
¥64,000 (税込¥70,400)

チタンブルー
2.0kg
¥66,000 (税込¥72,600)

公式サイト http://shop.yoshimura-jp.com/syouhin/syousai.php?id=18775

ラウンドタイプ スリップオンマフラー|WR’S:ダブルアールズ

「ラウンドタイプ スリップオンマフラー」
出典:WR’Sオフィシャルホームページ

WR’S:ダブルアールズのラウンドタイプ スリップオンマフラーは、リーズナブルですが見た目・性能のどちらもハイクオリティです。

マフラーとエキパイの境目が高精度で、フルエキゾーストと見間違うレベルです。

低中速はトルク・パワー、中高速域では吹け上がりと加速感のアップを感じられます。

また、サイレンサーの角度がアップとダウンの2パターンに調整できるため、バッグやパニアケースなどがついていても、マフラーが干渉する心配はありません。

ラウンドタイプ スリップオンマフラー|WR’S:ダブルアールズ
排気音 近接騒音 92db / 加速騒音 75db

カラーバリエーション
重量
価格

ステンレスサイレンサー仕様
2.21kg
¥44,000 (税込¥48,400)

カーボンサイレンサー仕様
1.88kg
¥51,000 (税込¥56,100)

焼き色チタンサイレンサー仕様
1.91kg
¥51,000 (税込¥56,100)

公式サイト https://www.wrs.jp/muffler/2018%e6%96%b0%e5%9e%8b
ninja250%e3%80%80%e3%80%902bk-ex250p%e3%80%91/

R-EVO スリップオンマフラー|BEAMS(ビームス)

「R-EVO スリップオンマフラー ヒートチタンサイレンサー」
出典:BEAMSオフィシャルホームページ

BEAMS(ビームス)のR-EVO スリップオンマフラーは、かち上げたフォルムと、心地よい鼓動感が特徴的です。

他のカスタムマフラーに比べ音はおとなしめですが、純正マフラーとの違いはハッキリとわかります。

かち上げタイプは見た目に迫力があり、存在感抜群です。

高精度に作られているので、取り付け後もガッチリと固定されます。

トルク感は少し下がるものの、加速はスムーズに感じられます。

R-EVO スリップオンマフラー|BEAMS(ビームス)
排気音 近接騒音 93.0db
重量 2.35kg
カラーバリエーション
価格
ヒートチタン
¥52,000 (税込¥57,200)

カーボン
¥52,000 (税込¥57,200)

ステンレス
¥43,000 (税込¥47,300)

公式サイト https://www.beams-mc.net/shop-category.php?SubCat=241&Sh=#here

Ninja250おすすめマフラー:まとめ

Ninja250のおすすめ売れ筋マフラー5選は次のとおりです。

  • “INTER MODEL” SCスリップオン OFF-TypeB JMCA|ストライカー
  • スリップオンマフラー IKAZUCHI (イカヅチ) 政府認証|トリックスター
  • スリップオン R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証|ヨシムラ
  • ラウンドタイプ スリップオンマフラー|WR’S:ダブルアールズ
  • R-EVO スリップオンマフラー|BEAMS(ビームス)

マフラー選びで重要なポイントは次の5つです。

  • 見た目
  • 排気音
  • 性能
  • 価格
  • 車検対応

紹介したマフラーは有名メーカーですので、信頼性がおけるものばかりです。

動画でマフラー音をチェックしたり、公式サイトでスペックを比較したりして選びましょう。

社外マフラーは急な生産中止や、取り寄せに時間がかかるなどのアクシデントで買えなくなるかもしれません。

お気に入りのマフラーを見つけたら即ポチをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました